スタッフブログ
ご不明な点はお気軽にお問合せください。

CONTACT

  TEL 096-247-6363

ご不明な点はお気軽にお問合せください。

◆副腎疲労症候群

ストレス過剰が続き、副腎からコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌し続けたことで、副腎のホルモン分泌機能が低下してしまう状態です。アドレナル・ファティーグとは、副腎(アドレナル)疲労(ファティーグ)のことです。
主な症状は、朝起きるのがつらい、疲れがとれない、塩辛いものや甘いものが無性に食べたくなる、倦怠感、性欲の低下、昼間はぼんやりしていて夕食後やっと元気になる、などで、うつの症状となって現れることもあります。
慢性的なストレスを抱えている人や、大きなストレスが引き金になる場合がある一方、常に自分を追い込んで困難を克服することを好む(ストレスホルモンが高い)人にも起こります。また、気管支炎や喘息などの呼吸器感染の発作が引き金で起こることもあります。

簡単に言うと、副腎は腎臓の上にある臓器で、ストレスを打ち消すホルモンを分泌しています。
副腎が疲れてくると、このホルモンが出にくくなり、ストレスに対抗できなくなり、うつ症状が出てきます。
検査は、一日の副腎のリズムを見るために唾液中コチゾール(抗ストレスホルモン)の変動を見ます。この検査はこの病態がまだまだ知られていないために保険適用がなく自由診療になります。
治療と期間は、栄養素療法と食事指導を取り入れています。症状にもよりますが、軽度なら、6~9ヶ月の治療、中程度であれば、12~18ヶ月、重い方でも12~24ヶ月で回復していきます。下記の症状がある場合は、一度調べてみてはどうですか

  • 朝起きるのがつらい
  • 疲れが取れない
  • 塩辛いものが無性に欲しくなる
  • 倦怠感(エネルギー不足)が強い
  • 日常的なことがとても疲れる
  • 性欲の低下
  • ストレスに対処できない
  • 花粉症、アレルギーがひどくなった
  • 病気やけが、心的外傷(トラウマ)から回復するのに時間がかかる
  • 頭がクラクラする
  • うつ病や適応障害と診断されている
  • 人生のすべてが虚しい
  • カフェインがないと仕事ができない
  • PMS(月経前症候群)の悪化
  • 思考が定まらず、ボーッとする
  • 食べたものを思い出せないほど記憶があやふや
  • 朝10時ごろまで目が覚めない
  • 午後3~4時ごろの間はぼんやりしている
  • 夕食後、やっと元気になる
  • 仕事がはかどらない・集中できない
  • 物忘れがひどくなった
  • 忍耐力がなくなった
●治療と費用

診察及び相談シート記入から、基本の検査である初診スクリーニング(全68項目:60項目の採血と8項目の採尿)と

DHEA-S(副腎疲労のスクリーニングの採血)を実施し、病態の治療・予防・予測、栄養的改善の指標にします。

 

 ・初診スクリーニング(採血・採尿)   10,000円(税別)

 ・DHEA-S(採血)           6,000円(税別)

 ・栄養素(タン白質・ミネラル類他)   8,000円~(税別)


●リスクと副作用

血液検査(採血)は短時間で行なう事が出来、侵襲性(シンシュウセイ:生体を傷つけること)の少ない検査です。

扱う栄養素は、天然物由来の原料を中心に高濃度の栄養素やその複合物により、吸収効率を向上させた製品であり

健康補助食品GMPマニュアルに適合した厳しい製造管理・品質管理の下に製品化されています。

副作用については、※生体内にあるべき物質(栄養素)ですから副作用はありません。

たまに胃腸が弱い方が摂取しにくい場合がありますが、少量頻回であれば問題ありません。

※生体外物質・・・この場合は薬などのことです。

お気軽にお問合せください TEL096-247-6363

ページトップへ